shop blog

アクタス・梅田店 アクタス・梅田店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町 3-1 グランフロント大阪 北館 1F
TEL
06-6359-2731
OPEN
新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、営業時間の変更・休業の場合がございます。最新の営業状況はこちらをご覧ください 

Posts Tagged ‘豆皿’

こんにちは!

今日は、POPUPの企画をご紹介します。

 

【きんしゃい 有田豆皿紀行】

昨年も大好評だった、有田焼の豆皿が再び返ってきました!

2019.11.16~12.15の期間限定です。

IMG_6022

 

 

 

*有田焼とは??

佐賀県有田町を中心に、伊万里市、武雄市、嬉野市一帯で焼かれる焼物を「有田焼」と呼びます。

有田焼は、日本で初めて焼かれた磁器。

約400年にわたる歴史の中で大きく発展し、日本有数の磁器産地となりました。

現在、有田には窯元が約150社存在しています。

今回は、その中のよりすぐりの窯元の豆皿をご用意いたしました。

 

一部ですが、豆皿のご紹介です。

 

 

 

*徳幸窯(とっこうがま)

 

お正月やハレの日に使えるロングセラーの器です。

鶴亀、松竹梅をモチーフで、お祝いの席にぴったり!

IMG_6029

 

 

 

 

*皓洋窯(こうようがま)

 

普段使いができる食器。

手書きの温かみを大切にした、味わいのある染付です。

シンプルで、愛着の沸くものばかりです。

 

IMG_6028

 

 

 

 

小さくて可愛いので、ずっと見ていたくなります。

手作業の工程なので、一点ずつ違いがあります。

その違いを楽しんで選んで、お好きな一点に出会ってください♪

 

 

 

IMG_6023

 

こちらは『なみだつぼ』といいます。

赤柄、青柄、白と3種あります。

IMG_6024

 

手のひらにのる、小さなつぼ。

いくつか、コレクションしたくなってしまいます。

 

なみだつぼとは古代ローマで悲しみから流す涙を入れる為に使われていたというもの。

戦地に赴く夫を思い、妻が流した涙を入れたのです。

しかし同時に喜びの涙を受け止める器でもありました。

愛くるしい形状は1 6 0 0 年代の初期伊万里時代から有田で焼かれた壺をモチーフに作られました。

 

 

店頭では、多種多様な豆皿、なみだつぼをご用意しております。

是非、店頭で手に取ってご覧になって下さい。

職人の魂のこもった、温かみのあるうつわたちです。

ご来店お待ちしております!

 

 

皆さんこんにちは!今年の冬は暖かく過ごしやすい日が

つづいていますね、クリスマスが過ぎるともう年末でお正月!

一年本当に早いですね。

今日は先日のブログに引き続きの第2弾”きんしゃい有田豆皿”

からお正月にピッタリの豆皿をご紹介いたします。

【香蘭社 KOURANNSHA】

IMG_4666

 

有田焼の老舗メーカーで有名なのでご存じの方も多いはず。

ひょうたんのイラストがなんとも可愛らしいですね。

 

【福珠窯 FUKUJUGAMA】

_MG_4681

 

こちらのエレメンタルプレートは直径6センチという小さめなので最初はどう使うのかわからないかもしれません。

お皿の上にさらにこちらを置いて少し薬味を置いたりして使います。

 

 

_MG_4684

 

こちらもなんと5センチ程の大きさ。こんな小さいところに描く絵は、とても繊細で作り手の技術の高さを感じます!

ちなみに当店スタッフも狙っております・・・!

 

【徳幸窯 TOKKOUGAMA】

IMG_4697

 

 

正月や宴会などハレの日に映える器を多く焼いてる徳幸窯。

こんな愛嬌のある器は今回の企画のなかでもこちらが一番です。

ちなみに鶴もあります。食卓に出してもよし、こんなに可愛いとアクセサリー入れにもできそう。

 

このようなお皿でお正月という年の始まりを素敵にお祝いしませんか?

まだまだ種類はございますので是非実際に見てみて自分のお気に入り皿を見つけて下さい。

和食器、有田焼きならではの温かみ、質感、繊細さを実物で感じてみて下さいね◎

 

 

 

 

 

 

 

to TOP